なんとな~くしあわせ?の日記

ClojureとかAWSの設定とかをメモする技術ブログ

Clojureを使ってみる

たまたまClojureを触ってみて、なんだか良さそうだと感じたのでいろいろ書き散らしている。
環境構築が比較的容易で、WEBアプリが作りやすそうなのがよかった。あとScalaほど四角四面ではなく、Groovyほど壊れにくい*1

環境構築

yoppi.hatenablog.com

まずこれでMavenと連携させてみる

Leiningen

そしてLeiningenを入れる
Windowsの場合、Msys2上でUNIX用のスクリプトを動かしたほうが早い

> wget https://raw.githubusercontent.com/technomancy/leiningen/stable/bin/lein
> cp lein /usr/bin/
> lein self-install
> lein --version
Leiningen 2.7.1 on Java 1.8.0_112 Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM

Maven

プロジェクトを作ってMaven

$ lein new wiki

project.clj ができるので、そこからpomを作る

$ lein pom

leinが出力するpom.xmlは、全部project.cljが元である。Mavenに慣れているならパズルゲームみたいな感じで設定出来ると思う。

Hello, World!!

ここからHello, Worldまではこのサイトがわかりやすい

qiita.com

core.cljを書き換えて・・・最終的にこうなった

(ns wiki.core
  (:gen-class main true))

(defn -main
  "I don't do a whole lot."
  [& args]
  (println "Hello, World!"))

Emacs

適当にこんな感じ

;; Clojure
(unless (package-installed-p 'clojure-mode)
  (package-refresh-contents) (package-install 'clojure-mode))
(require 'clojure-mode)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.clj$" . clojure-mode))

EmacsでモダンClojure開発環境構築 - Qiita
新: Emacs を使うモダンな Clojure 開発環境 - Qiita

cider-modeはmsys2では動かないかもしれない。

コレクション操作

Ruby

見慣れた形、データが先で関数で回す
# listの中身をトレース
[1, 2, 3].each do |n|
    puts n
end

# mapの中身をトレース
{ 1 => "a", 2 => "b", 3 => "c" }.each do |k, v|
    puts "#{k}, #{v}"
end

Clojure

Lispなのでデータが後で関数が先

mapについては doseq, reduce-kv 2つの関数を見つけた

; listの中身をトレース
(map #(println %) [1 2 3])
(map #(prn %) [1 2 3])

; mapの中身をトレース
(doseq [[k v] {1 "a" 2 "b" 3 "c"}] (prn k v))
(reduce-kv #(println %2 %3) 0 {1 "a" 2 "b" 3 "c"})

マクロとかLispっぽさ、関数型言語っぽい書き方もできたりするのだろうか。
チュートリアルを見ているとClojureは結構実用的に感じた。

*1:偏見…?

LinuxでOS自作入門の20日目に到達

長く苦しい戦いだった…*1

  • 画像ははりぼてOSのコンソールからhelloコマンドを打っているところ
  • 結局はりぼてOS向けアセンブラの実装の一番の難所は3日目と6日目ぐらいで、残りは命令を実装していけば終わりました
  • 実際はりぼてOSを作ると言うより、nask(アセンブラ)を組み直すという試みになってしまいましたが、結果的には面白かったです

f:id:panzer-jagdironscrap1:20161228013001p:plain

詳しい記事は以下をみてください

qiita.com
qiita.com
qiita.com

30日でできる! OS自作入門

30日でできる! OS自作入門