なんとな~くしあわせ?の日記

ClojureとかAWSの設定とかをメモする技術ブログ

debianパッケージ作成



ついにJaneCloneのDebianパッケージ作成に成功した(長かった…)。しかしまだパッケージができたとは言っても、debuildコマンドが通っただけで、とりあえず.debファイルができたというだけ。リソースファイルやwrapperスクリプト、メニュー登録用スクリプトを作成しなければならない。

ハマリポイント

今回はdebianのパッケージ作成方法の豊富さにドハマりした…
パッケージ作成中参考にしたのはここ:Debian パッケージ作成法

現状debファイル作成の方法は
・CDBS
->debhelper
->makefile
->autotools
・dh

といった方法があるわけです。dhは新しい手法で、ルール記述が簡単にできる。
しかし、どうやらネストしたconfigureを持つプロジェクトをビルドすることができない(方法があったら知りたい…)。dhが多重configureを持つプロジェクトをビルドできない理由は、子プロジェクトにあるconfig.statusのようなファイルを親プロジェクトのそのファイルと混同してしまうことにある。
一方でCDBSはそこの部分を自動でやってくれているらしく、記述ルールが少ないと言われるdhよりもCDBSのautotoolsのほうがビルドしやすく記述量もそんなに変わらないという結果になった。

感想

Autotools使ってプログラム組んでる場合、CDBSのほうがいいかもしれんね。