なんとな~くしあわせ?の日記

JavaとかAWSの設定とかをメモする技術ブログ

Bitnami版Jenkinsとコンソール出力の自動更新

f:id:panzer-jagdironscrap1:20171010134552p:plain
Bitnami Jenkins

AWS上で使用するJenkinsにBitnamiが提供しているUbuntuのイメージを使っているのですが

bitnami.com

どうもこれが原因でビルド結果の自動更新がうまく動いてなかったらしい。

対象チケット

[JENKINS-25026] Console output stops populating after several seconds - Jenkins JIRA

参考になったコメント

Daniel Beck added a comment - 2015-01-08 23:33
And that's why you don't use some random vendor's preconfigured shit. It's broken.Disable mod_pagespeed (whatever the hell that is) in Apache and things start working.What a waste of time.

あんたらがITベンダーによって設定済みのクソを使わないのはこういうわけだな、こいつは壊れてる。Apacheの中のmod_pagespeed(ちくしょう!)を無効化したらうまく動き出した。なんて時間の無駄だ…

実際の変更手順

$ cd /opt/bitnami

$ sudo ./ctlscript.sh stop

$ sudo vim /opt/bitnami/apache2/conf/pagespeed.conf

# Turn on mod_pagespeed. To completely disable mod_pagespeed, you
# can set this to "off".

- ModPagespeed on
+ ModPagespeed off

$ sudo ./ctlscript.sh start

これでちゃんとコンソール出力が自動更新されるようになった。