なんとな~くしあわせ?の日記

JavaとかAWSの設定とかをメモする技術ブログ

Instaparseでパーサジェネレータ

Instaparseの位置づけ

InstaparseはClojure言語による パーサジェネレータ - Wikipedia である

github.com

これのルール記述はBNFの拡張であるEBNFが使われている。

EBNFで構造化言語のルールを記述する

さっそくだが、「<p>sample</p>」を読み取るBNFのルールを書いてみた。とは言え、HTMLの複雑なルールを最初から書くのは無理なので、とりあえずタグの開始と終了を読み取れるものを作る。

しかもこのルール記述、de.setf.xml/html-grammar.bnf at master · lisp/de.setf.xml · GitHub からコピーしてきたものである。

コードサンプル
(ns sample
  (:require [instaparse.core :as insta]))

;;
;; https://github.com/lisp/de.setf.xml/blob/master/bnf/html-grammar.bnf
;;
(def as-and-bs
  (insta/parser
   "HtmlDocument ::= Root
    Root         ::= ElementHtml
    ElementHtml  ::= HtmlTag | ( STag ( '/>' | ( '>' #'\\w'++ ETag ) ) )
    HtmlTag      ::= '<'  #'\\w'++ S* '>'
    STag         ::= '<'  #'\\w'++ S*
    ETag         ::= '</' #'\\w'++ S* '>'

    S ::= (' ' | '\t' | '\r\n' | '\n')+
"))

(def fool-tags "<p>sample</p>")

(defn fool-sample []
  (println (as-and-bs fool-tags)))
出力
  • sampleのデータがきっちり構造化されて戻ってきた
lein test html-template.test
[:HtmlDocument [:Root [:ElementHtml [:STag < p] > s a m p l e [:ETag </ p >]]]]

後はこれに対して指定されたキーを使ってデータを取得したりすればいいのである。