読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとな~くしあわせ?の日記

ClojureとかAWSの設定とかをメモする技術ブログ

cURLppメモ

wxWidgets C++ curl


レスポンスヘッダを一緒に出力する場合はオプションをtrueにする

new curlpp::options::Header(true)

2chの板一覧情報をcurlppで取得するときの例。かなりすっきりと書けると思う。
相変わらずwxWidgets混じりのC++なんで、単純にコピーしただけではコンパイルできないかも。参考程度に…

     // ヘッダの作成
     std::list<std::string> headers;
     headers.push_back("Accept-Encoding: gzip");
     headers.push_back("Host: menu.2ch.net");
     headers.push_back("Accept: ");
     headers.push_back("Referer: http://menu.2ch.net/");
     headers.push_back("Accept-Language: ja");
     headers.push_back("User-Agent: Monazilla/1.00");

     wxString server = wxT("menu.2ch.net");
     wxString path = wxT("/bbsmenu.html");

     const std::string url = std::string(server.mb_str()) + std::string(path.mb_str());

     try {

	  // 保存先を決める
	  curlpp::Cleanup myCleanup;
	  curlpp::Easy myRequest;
	  myRequest.setOpt(new curlpp::options::Url(url));
	  myRequest.setOpt(new curlpp::options::HttpHeader(headers));
	  myRequest.setOpt(new curlpp::options::Timeout(5));
	  myRequest.setOpt(new curlpp::options::Verbose(true));
	  myRequest.setOpt(new curlpp::options::Header(true));

	  std::ofstream ofs(outputPath.mb_str() , std::ios::out | std::ios::trunc | std::ios::binary );
	  curlpp::options::WriteStream ws(&ofs);
	  myRequest.setOpt(ws);

	  myRequest.perform();

     } catch (curlpp::RuntimeError &e) {
	  *m_logCtrl << wxString(e.what(), wxConvUTF8) << wxString(outputPath.c_str(), wxConvUTF8) << wxT("\n");
     } catch (curlpp::LogicError &e) {
	  *m_logCtrl << wxString(e.what(), wxConvUTF8) << wxString(outputPath.c_str(), wxConvUTF8) << wxT("\n");
     }
追記:レスポンスヘッダを出力する場合

このサイトを参考にしました。ありがとうございます。
curlpp を使ってみる - GET 編 - 私の日常

こんな感じでファンクタを設定する

	  // ヘッダー用ファンクタを設定する
	  myRequest.setOpt(new curlpp::options::HeaderFunction(curlpp::types::WriteFunctionFunctor(this, &HogeHoge::writeMemoryCallback)));

ファンクタの中身

size_t HogeHoge::writeMemoryCallback( char *ptr, size_t size, size_t nmemb  ){
     size_t realsize = size * nmemb;
     //buf.append( static_cast<const char *>(ptr), realsize );
     // 文字列をメンバ変数に格納(m_headerTest == wxString)
     m_headerTest.Append(wxString::FromUTF8(static_cast<const char *>(ptr), realsize));
     return realsize;
}

ここでのm_headerTestの型はwxStringである。要はcurlppが通信して取得した情報は「( char *ptr, size_t size, size_t nmemb )」で回ってくるので、それを変換して好きなようにすれば良いわけだ。

std::stringに格納する場合 「std::string.append( static_cast(ptr), realsize )」
wxStringに格納する場合  「wxString::.Append(wxString::FromUTF8(static_cast(ptr), realsize))」

ヘッダ出力機能はcurlpp::options::Headerにfalseを入れていても仕様出来るので安心だ

	  myRequest.setOpt(new curlpp::options::Header(false));

結局第4引数は使えないのだろうか。

追記

MinGWでcurlppがビルドできなかったのでソースを改変した。開発者にメッセージを送った。

Modify buildconfig.h for MinGW build · c4602d4 · Hiroyuki-Nagata/curlpp · GitHub